絵堂戦跡記念碑

歴史

1865年正月6日、藩政府軍と諸隊が絵堂で戦争を開始し、政府軍が完全に敗退するまで、約10日間の戦争であったが、今も呑水、絵堂、川上の戦跡に記念碑が残っています。

地名の由来

奇兵隊と藩軍との最初の交戦の記念碑。

おすすめポイント

大田・絵堂の戦いにおいて萩政府軍の本陣となった絵堂・旧柳井邸の門で、元は北方200m先の町筋にありました。平成17(2005)年県道改良工事に伴い、旧美東町へ寄付され、本地に移設したものです。この門には、本戦役の開戦となる元治2(1865)年1月6日未明、諸隊の斥侯隊が政府軍陣営に夜襲をした際、打ち込んだ銃弾の貫通痕が残っています。

住所・アクセス

〒754-0301 山口県美祢市美東町絵堂

関連記事

  1. 鹿の井出水改修工事記念碑

  2. 桜島爆発記念碑

  3. 三島由紀夫先生慰霊の碑

  4. 日本最北端の地の碑

    日本最北端の地の碑

  5. 福岡一文字記念碑

  6. 露軍将校遺体漂着記念碑