織田作之助記念碑

歴史

「夫婦善哉」などの作品で昭和20年前後の文壇に活躍し、織田作(おださく)の名で大阪を代表する作家として親しまれた織田作之助は、その一時期を富田林で過ごしました。

地名の由来

晩年の織田作之助にとって、富田林が心の安住の地であったことから、平成7年11月13日に近鉄富田林駅からほど近い本町公園に記念碑が建立されました。

おすすめポイント

碑文は「彼の作品の中から、しゃれた言葉を刻めばいいのではないか」、石の形は「やせて背が高かった織田作之助に似たひょろりとした石を使うのはどうだろう」と話が進んだようである。

住所・アクセス

〒584-0093 大阪府富田林市本町8−15

関連記事

  1. 新幹線発祥の地記念碑

  2. 御堂筋完成五十周年記念碑

  3. 広島赤十字病院慰霊碑

  4. 贈正五位中濱萬次郞翁記念碑

  5. 美空ひばり生誕記念碑

  6. 春雨殉難記念碑