若松寺

歴史

奈良時代の高僧・行基がこの地にたどり着いたとき、山の東方から鈴の音が聞こえてきたため山上に登ったところ、光り輝く三十三観音の御影を拝したことから開山し、後に弘法大師が一千座の護摩を奉修したといわれています。

地名の由来

山形の民謡“花笠音頭”の冒頭部分に登場する「めでためでたの若松様よ」は、この若松寺を指していると言われる。

おすすめポイント

「西の出雲、東の若松」と言われ、縁結びの観音様である若松観音が祀られています。縁結び祈願で訪れるなら、4月~12月の毎月第1日曜日に開催される「縁結び祈願祭」でご祈祷をするのがおすすめです。

住所・アクセス

〒994-0021 山形県天童市山元2205−1

関連記事

  1. 光泉寺

  2. 金閣寺

    金閣寺

  3. 雲祥寺

  4. 誕生寺

  5. 東本願寺本廟 牛久浄苑(牛久大仏)

  6. 大崎八幡宮