萌黄の館

歴史

明治19年(1886)来日以来同41年(1908)まで神戸に住み、神戸のアメリカ総領事となったハンター・シャープ氏(Hunter.Sharp)の邸宅として、建築されました。

地名の由来

その名のとおり、萌黄色の外壁に包まれています。 2階のサンルームからは、神戸の美しい街並みが楽しめます。 「国指定重要文化財」の異人館です。

おすすめポイント

萌黄の館は、木造2階建・下見板張りの異人館。1980年(昭和55年)には国の重要文化財にも指定されている歴史的建造物です。現在は淡いグリーンの萌黄色が特徴的な洋館ですが、以前は白塗りの建物で「白い異人館」と呼ばれていました。

住所・アクセス

〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町3−10−11

関連記事

  1. 吉田松陰幽囚ノ旧宅

  2. 川原隧道

  3. 赤瓦十三号館白壁倶楽部(旧国立第三銀行倉吉支店)

  4. 三佛寺文殊堂

  5. 琵琶湖疏水

  6. 大阪市中央公会堂