葛城館

歴史

建物は明治時代後期建築の木造三階建てで、桁行5間半、梁間5間規模、東西棟、入母屋造、桟瓦葺。正面及び東側面には銅板葺の庇を各階に廻し,屋根正面には瓦葺きの千鳥破風と銅板葺の唐破風を重ねる。

地名の由来

2001年に国の登録有形文化財に登録されている。大和街道の宿として、また高野山参詣客を対象として建てられた旅館である。現在は営業はしていない。

おすすめポイント

千鳥破風と軒唐破風の屋根と、正面に付いている総ガラスの建具がレトロでアンティークでなおかつ和風の風情をかもしだしています。

住所・アクセス

〒649-7205 和歌山県橋本市高野口町名倉1053

関連記事

  1. 鏡田屋敷

  2. 公益質屋跡

  3. 大本みろく殿

  4. 重要文化財安藤家住宅

  5. 端島 (軍艦島)

  6. 日本銀行大阪支店旧館