蒜山高原

歴史

蒜山高原は東西20 km南北10 kmのなだらかな高原であり、約100万年前の活発な火山活動により蒜山三座と呼ばれる山々が誕生した。

地名の由来

この辺りでは『セン』という読み方の山が多く存在します。実は山をセンと読むのは全国的には珍しく、岡山県北部や隣接する、鳥取、島根のみに多く見られる、方言のような地名です。

おすすめポイント

蒜山高原は雄大な自然と多彩な観光スポットが集まる西日本屈指の高原リゾート。ジャージー牛の放牧と牧場体験ができ、ラベンダーなど約200種類のハーブや四季折々の花が栽培されている「蒜山ハーブガーデン ハービル」など見所スポットがたくさんあります。

住所・アクセス

〒717-0504 岡山県真庭市蒜山下福田

関連記事

  1. 黒岳

  2. 辺戸岬

  3. 腰岳(伊万里富士)

  4. 恵那峡

  5. 宝満山

  6. 王子が岳