薩英戦争記念碑

歴史

薩英戦争の歴史を伝える記念碑は、1917年に有志によって物産陳列所構内(現・県立博物館敷地)に建設されました。そして、1931年の県立図書館建設にともなって祇園之洲公園に移転します。

地名の由来

記念碑の文字は、薩摩出身の第4代総理大臣・松方正義によるもの。碑の頂上は、島津家の御馬標一本杉が表現されています。

おすすめポイント

生麦事件のときの薩摩藩の行列のシンボルとして、槍の穂がかたどられている。

住所・アクセス

〒892-0802 鹿児島県鹿児島市清水町26−26

関連記事

  1. 淳和院跡 石碑

  2. 東日本大震災慰霊碑

  3. 上原勇作元帥生誕地の碑

  4. 我は海の子の碑

  5. 日本最北端の地の碑

    日本最北端の地の碑

  6. 元越番所跡の記念碑