近鉄宇治山田駅

歴史

1931年の参宮急行電鉄線(のちの近鉄大阪線・山田線)全通に際し、「神都」宇治山田市(1955年に伊勢市と改称)の新たな玄関口となる伊勢神宮最寄りのターミナル駅として、1930年に開かれた「御遷宮奉祝神都博覧会」の会場跡地に開設された。

地名の由来

駅名は開業当時の市名である宇治山田にちなむ。当時から長距離列車の始終着駅として賑わい、また、貴賓室があり、天皇や内閣総理大臣の伊勢神宮参拝の際の乗降駅となっている。

おすすめポイント

伊勢神宮への参拝の基点となり、名古屋や大阪などと、快急や急行で結ばれています。駅舎は、建てられた昭和初期の面影を残します。

住所・アクセス

〒516-0037 三重県伊勢市岩渕2丁目1

関連記事

  1. 万田坑

  2. 伊良湖岬灯台

  3. 足軽長屋

  4. 大阪府立中之島図書館

  5. 日本銀行大阪支店旧館

  6. 中岡慎太郎館