道祖神碑

歴史

そもそも道祖神は村と村との境を治め、疫病などが村に入ってくるのをさえぎる神様といわれ、日々の平安や旅人の安全を守るとされています。

地名の由来

縁結び、夫婦和合、子宝授けの神さまとして、本来の道祖神信仰が変形したものと言われています。

おすすめポイント

双体道祖神は男女一対の道祖神で、多くがお互いの肩に手を回して握手していますが、一体ずつその表情や所作が微妙に違っています。

住所・アクセス

〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島川西7730−1

関連記事

  1. クラーク博士記念碑

    クラーク博士記念碑

  2. 鳥栖操車場記念碑

  3. 日本最北端の地の碑

    日本最北端の地の碑

  4. 長崎原子爆弾落下中心地碑

  5. 武田信玄誕生之地碑

  6. 津和野藩藩邸跡