鈴木家住宅

歴史

天明5年(1785年)茅葺き入母家造り、桁行約12m梁間約10mで建立され、200年が過ぎている。鈴木家は江戸時代の代表民家として、国の重要文化財に指定されている。

地名の由来

由来書によると源義経の重臣(側近の7人衆の1人)、鈴木三郎重家が文治5年(1189年)に奥州平泉から落ちのび土着して帰農したことにはじまります。

おすすめポイント

構造も進歩した手法を見せ、また整形四間取の発展した形式になる。保存が良く年代の明らかな農家としても貴重な遺例である。

住所・アクセス

〒643-0124 和歌山県有田郡有田川町大字中峯309

関連記事

  1. 重要文化財 旧三笠ホテル

  2. 出石 永楽館

  3. 志賀直哉旧居

  4. 八幡堀

  5. 三森家住宅

  6. 佐川文庫庫舎