雨ニモマヶズ 宮沢賢治詩碑

歴史

宮沢賢治(正字: 宮澤賢治)は大正15年3月31日に岩手県立花巻農学校を退職し、宮沢家の別宅で農耕生活を始め、「羅須地人協会」を開設。その「羅須地人協会」跡地に立つのが宮沢賢治詩碑(雨ニモマケズ詩碑)。昭和11年11月21日建立、11月23日に除幕されています(一部に脱漏があったので、昭和19年に追刻)。

地名の由来

碑の地下には、法華経の経文、文圃堂版の宮澤賢治全集、詩碑建立の由来を記した文書とともに、賢治の遺骨の一部も収められおり、賢治ファンにとっては聖地のような場所になっています。

おすすめポイント

住所・アクセス

〒025-0084 岩手県花巻市桜町4丁目

関連記事

  1. 公益質屋跡

  2. 長崎原子爆弾落下中心地碑

  3. 津和野藩藩邸跡

  4. 淳和院跡 石碑

  5. 呑水峠の大田絵堂戦跡記念碑

  6. 日本最西端の地碑