雪の聖母聖堂

歴史

雪の聖母聖堂は、旧大名町天主堂(福岡教区カテドラル)を1984(昭和59)年12月に解体し、1986(昭和61)年3月に久留米市にある聖マリア病院構内の付属聖堂として復原移築したものです。

地名の由来

1893(明治26)年に来福したエドワード・ベレール神父は、自らの故郷パリの「勝利の聖母教会」に聖堂建設の援助を依頼し、フランスから贈られた寄付によって1894(明治27)年に聖堂の建設がはじまりました。そして2年後の1896(明治29)年に赤レンガの旧大名町教会堂が完成しました。

おすすめポイント

この聖堂は「勝利の聖母」にささげられ、今もカトリック大名町教会の聖堂入口には、ベレール神父が携えてきた勝利の聖母の像が置かれています。

住所・アクセス

〒830-0047 福岡県久留米市津福本町422

関連記事

  1. 萌黄の館

  2. 肥土山農村歌舞伎舞台

  3. 川原隧道

  4. 大阪市中央公会堂

  5. 龍馬の隠れ部屋桝屋清右衛門宅

  6. 伊藤博文別邸