鳥取砂丘

歴史

鳥取砂丘の成り立ちが正確にわかっているわけではありませんが、その成立は14~15万年前にさかのぼると考えられます。まず、中国山地から日本海に注ぐ千代川(せんだいがわ)が砂を運んできました。また10万年周期で変わると言われる、海面の上下によって海岸線の位置は大きく変化しました。

地名の由来

海岸に広がる東西16km、南北2.4kmの広大な海岸砂丘。西から末恒砂丘、湖山砂丘、浜坂砂丘、福部砂丘の4つに分けられ、砂が風に吹かれて移動して形づくる風紋(砂漣)が美しい景観を造り出しています。

おすすめポイント

山陰海岸(ジオパーク)地球活動の遺産を主な見どころとする自然の中の公園。山陰海岸国立公園(鳥取~兵庫~京都)一帯では日本海形成から現在に至る多様な地質や地形を見ることができ、自然を背景とした文化・歴史を体験できます。

住所・アクセス

〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2164−661

関連記事

  1. 江津湖

  2. 中之島公園

  3. 長門峡

  4. 小松地獄

  5. 大室山

  6. 別府弁天池