龍馬の隠れ部屋桝屋清右衛門宅

歴史

1867(慶応3)年4月23日夜、坂本龍馬ら海援隊士が乗った「いろは丸」と紀州藩の「明光丸」とが岡山県六島沖で衝突し、「いろは丸」が沈没するという事件が起きました。この『いろは丸事件』の際、鞆港を訪れた龍馬らが宿泊したのが『桝屋清右衛門宅』です。

地名の由来

廻船問屋を営んでいた桝屋は土佐藩や薩摩藩、大洲藩などとも取引があったと思われ、それらの縁でいろは丸救出に関わったのです。

おすすめポイント

外観の側面から見るとよくわかるのですが、屋根の前側(前流れ)を伸ばして、正面から見たときに実際よりも建物を大きく見せかけています。こういった手法は鞆では19世紀以降に流行。商家の見栄っ張りな気風がよく現れています。

住所・アクセス

〒720-0201 広島県福山市鞆町鞆422

関連記事

  1. 京の内

  2. 国見ふるさと展示館

  3. 小路庵

  4. 山手八番館

  5. 武家屋敷

  6. 近習詰所