龍馬山 義経寺

歴史

源義経は奥州平泉の衣川で自刃したと言われていますが、源頼朝に追われ、厩石まで逃げて荒れ狂う海を前に観世音像に祈ると、3頭の龍馬が現れ、海峡を渡ることができたという伝説が残る寺であります。ここには義経が祈りを捧げたという観世音像が安置されています。

地名の由来

義経が海を渡った500年後、厩石を訪れた円空は、義経の自仏だった観世音様が岩の上で光っているのを見つけます。そこで流木で仏像を彫りあげ、胸に白銀の一寸二分の観世音様を込め、小さなお堂を建てて祀りました。円空仏は昭和38年に青森県重要文化財の指定を受けています。

おすすめポイント

津軽三十三観音霊場第19番札所となっており、県内では数少ない神仏混交で山門から観音堂、弁天堂、金比羅堂、阿弥陀堂が並んでいます。

住所・アクセス

〒030-1732 青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩家ノ上

関連記事

  1. 龍興寺(福島県 大沼郡会津美里町)

  2. 毛越寺

  3. 宝珠山 立石寺

  4. 太平山三吉神社総本宮

  5. 中尊寺

  6. 北海道神宮